FUTABA BUGGY TRACT

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく

ようこそフタババギートラクトホームページへ!
このサイトは千葉県市原市にある「フタババギートラクト」のサイトとなります。GPオフロードカー専用のラジコンサーキットです。

エラー
  • フィードデータの読み込みにエラーが発生しました

2018年度TBチャレンジ特別戦レースレポート

TB08-01

早速ですが、T.B.チャレンジ2018 第8戦(11/18)についてレポートいたします。


冷え込みが朝晩徐々に冬っぽくなってきました。最後のT.B.チャレンジの開催は、トラギー7台とバギー16台の参加がありました。
競技案内の通り午前にトラギークラスの予選と決勝レースを行い、午後からバギークラスの予選と決勝レースを行いました。
バギークラスだけのエントリーでも午前はトラギークラス予選と一緒に練習走行を行いました。

トラギークラスの予選1ラウンドは、中野選手の8周5:32.557がトップタイムとなりました。約0.3秒差で平尾選手が2位となり以下 野口選手 和久井選手
朝日選手 土屋選手 山田選手の順になりました。ベストラップも中野選手が40秒557を出しました。
予選2ラウンドは、平尾選手の8周5:27.710がトップタイムとなりました。約4.9秒差で野口選手が2位となり中野選手は約5.9秒差で3位になり、この3台
が非常に接近した状況で、以下 和久井選手 土屋選手 朝日選手 山田選手の順になりました。
予選3ラウンドは、中野選手の8周5:27.480がトップタイムとなりました。約1.9秒差で平尾選手が2位となり以下 野口選手 和久井選手 土屋選手 朝日
選手 山田選手の順になりました。予選結果は、トップタイムを2回出した中野選手がTQを獲得しました。 

トラギークラスAメイン決勝レースについては、30分の7台走行で行いました。
先ずスタートは、お馴染みの渋川式と言われている、グリッドスタートで始まりました。各車給油をしてグリッドに前輪を載せてスタンバイします。
スタートの合図により、決勝レースは始まりました。スタートしてレース序盤より、#1中野選手#2平尾選手#3野口選手、この3台がレースをリードする展開と
なりました。中盤#1中野#2平尾#3野口#4和久井#6朝日#5土屋#7山田の順となります。先頭#1中野選手と#2平尾選手との差は約3秒となりました。
20分過ぎに各車給油を行いました。給油後の先頭#1中野#と#2平尾の差は約0.7秒となり、直ぐ後ろには#3野口選手が3番となり接近したレース展開と
なります。23分過ぎに#3野口選手がサスアームを壊して戦線離脱となり、#4和久井選手が3番に浮上しました。26分過ぎには、接近戦により#1中野選手
と#2平尾選手が接触して絡み合う場面もありましたが、そのまま終盤まで接近した展開が続きましたが、29分過ぎに#2平尾選手がミスって#1中野選手
が、約1.4秒差をつけて優勝を決めました。


昼休みを挟み午後からは、バギークラスの練習走行を20分間行いその後、予選ラウンドを3回行いました。
バギークラスの予選1ラウンドは小保方選手が8周5:31.297でトップタイムとなりました。約0.9秒差で野口選手が2位となり以下 中野選手 平岩選手
平尾選手 渡辺選手 小林選手 上田中選手 和久井選手 金子選手までが上位10名 となりました。
予選2ラウンドは平尾選手が8周5:30.419でトップタイムとなりました。約4.8秒差で小保方選手が2位となり、以下 中野選手 上田中選手 小林選手
上ヶ島選手 野口選手 渡辺選手 金子選手 大場選手までが上位10名となりました。
予選3ラウンドは平尾選手が8周5:31.975でトップタイムとなりました。約0.2秒差で小保方選手が2位となり以下 平岩選手 中野選手 上ヶ島選手
小林選手 上田中方選手 渡辺選手 野口選手 土志田選手までが上位10名となりました。
予選結果は、トップタイムを2回出した平尾選手がTQを獲得しました。

バギークラスBメイン決勝レースについては、#4和久井選手と#1上ヶ島選手の2名がAメインに勝ち上がりました。
Aメイン決勝レースについては、9台走行30分で行いました。
スタートは、お馴染みの渋川式と言われている、グリッドスタートで始まりました。各車給油をしてグリッドに前輪を載せてスタンバイします。
決勝レースの1周目は、#1平尾 #2小保方#3中野 #4平岩#5野口#6小林#7上田中#8和久井#9上ヶ島がゼッケン番号順にコントロールラインを通過
して始まりました。スタートして序盤は、#1平尾選手 #3中野選手 #2小保方選手の3台がレースをリードする展開になりました。5分過ぎに、先頭#1平尾
選手と2番#3中野選手の差は約3.3秒となります。7分過ぎて、最初の給油の後に先頭が#3中野選手に変わり、約8秒差で#1平尾選手が2番となります。
10分過ぎに、#3中野選手が給油に入りますが、先頭は変わらず、約1.8秒差になりますが、15分過ぎ2回目の給油により、差は13秒にひろがりました。
20分過ぎに、#3中野選手は2回目の給油に入りますが、先頭ポジションはそのままで、#1平尾選手との差は4.4秒となります。24分過ぎ、3回目の給油に
より、#3中野選手と#1平尾選手との差は、15秒にひろがりました。レース終盤は#3中野選手は安定した走行で、約8秒差でトップゴール優勝を決めました。

TB08-03

トラギークラス優勝 中野さん 準優勝 平尾さん 3位 和久井さん

 

TB08-04

バギークラス優勝 中野さん 準優勝 平尾さん 3位 小保方さん

TB08-05

年間総合表彰

TB08-06

TB08-07

TB08-08

 

レース進行にあたりコースマーシャル及びピット作業など参加選手皆様のご協力をいただき無事に終了することができました。
ご協力いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。 一年間ありがとうございました。

リザルトはこちらから

ポイントランキングはこちらから

協賛

YURUGIX
小川精機
京商
近藤科学
テクニックジャパン
双葉電子工業
無限精機
(順不同)

年間総合表彰